ビタミン摂取ブログ

色々な出来事や思ったこと、読んだ本などについて書きます

昨日の分を・・・

昨日はブログを書き忘れました。

深夜バイトの始まる直前まで寝ていたからですが、

こうなると、どうしても昨日に思ったことなどを上手く思い出せませんね。

 

そんな中でも、最近なんとなく活力がない原因が『君の名は。』を見たことなのではないかということを考えていたことは覚えています。

君の名は。』を見て思ったことが3つありました。まず、『君の名は。』のような綺麗な世界や人生と現実とのギャップ。2つ目に、自分の高校生活から今ですでに6年が経過しているという現実を再認識し、恋愛という意味での青春を自分が経験せずに終わってしまったという喪失感。最後に、自分は、『君の名は。』に憧れはすれども、三葉や瀧になりたいわけでもなく、世界観に憧れてるにすぎないということ。

 

三葉や瀧に比べたときの自分のこれまでの人生に彩りの無いなと、映画を見終わって現実に戻ったときに強く感じました。そして特にその中で、おそらく人生を彩る大きな要因であろう中高時代の青春恋愛の可能性が、既に自分の手元にないことにひどく注目してしまいます。まだまだ自分は若くて、高校生よりだと思っていましたが、もう24歳なんだな。自分の人生に対する甘さもここから生じるのだろうか・・・。

 

3つ目についてですが、『君の名は。』の世界に行きたい!と思いはするのですが、では「一体誰になりたいのか」と言われれば、何も答えられないんですよね。『めぞん一刻』や『ちはやふる』を読んだときも同じことを思いました。たぶん、自分はその物語のドラマチックさに憧れているだけで、その中で奮闘する人間にはなりたくないのです。つまり、苦労をしたくない。そんな甘ったれな自分に気付いたことも、最近の意気消沈の原因かなと思います。

 

青春恋愛とパワフルさ、それが自分に無いことに気付いて、どうしたらいいのかわからないここ数日です。

広告を非表示にする